2011年04月24日

風評被害の食品関係の支援

最近、ニュースを見ていて思うのだが
義援金のような僕らが募金したお金は
配分をどうするのかといったことがあり
以外に被災者の方々に届くのが遅いと思う。

そんな中、作ったものが風評被害で
売れなかったり、通常の価格の半値以下で
取引され、それでも売れ残ってしまう人たちが
たくさんいるんだろう。

そういう人たちは震災の被害はないが
収入がとまってしまい、保障もない状態になる。

そんな中、ネットで風評被害の食物を購入して
支援しようという動きというのは、直接的な応援で
義援金のような寄付以外にも支援の仕方があると思う。

また、近くのスーパーなどで産地を気にせずに
食品を買うというのもいいことではないかと思う。
だって、茨城県産とか埼玉県産なんて大丈夫なのに
安くなっているのに売れ残ってたりすると悲しくなる。

僕が買える量としては少しだけだけど、
そういう人が増えればいいなと思います。

posted by サト at 01:16| ◆ ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。